産み分け科学

【女の子産み分けのウソホント】科学的な成功確率をしらべてみた

女の子産み分けの方法を検索すると、ネット上にはたくさんの情報があふれている。

タイミングの取り方、産み分けゼリーの使用など・・・

わたし
わたし
はてさて、どれを信用していいものか?
本当に科学的に根拠がある産み分け法ってないの?

まことしやかにささやかれる数々の産み分け方法。

一体どれが本当に有効なのか、コスパが良いのはどれなのか。科学的根拠があるのか海外の文献を調べまくった。

 

科学的根拠とは?

「その方法」が産み分けの確率を上げるという統計的な調査結果があり、データの信憑性の高さが学術界で支持されていることが重要。

  • 同じことを証明した論文が複数ある
  • 有名な科学誌に掲載された論文がある
  • 多数の論文やサイトに引用された論文である

など

素人が書いたっぽいサイト、営利目的で確率を高く装っていそうなサイトはたくさんある。

ちゃんとした論文だったとしても、n(調査件数)が少なすぎるものは怪しい。

そういう情報は信じない。

(私も素人だけどね。一応大学では工学部化学専攻だったので、多少の論文は読める)

本当に信じられる情報を根拠とともにまとめていく。

 

手軽にできる「女の子の産み分け方法」

手軽に試せる方法で、巷でよく言われている女の子産み分け方法はザッとこんな感じ。

有名な女の子の産み分け法

  • 排卵日2~3日前に性交渉する
  • 酸性のゼリーを使う
  • O+12法:排卵後に性交渉する
  • クランベリーサプリを摂取する
  • マグネシウムサプリを摂取する
  • 肉中心の食生活にする
  • 男性は毎日射精して精子を薄める
  • 男性は性行為前にコーヒー(カフェイン)を控える
  • 男性は熱いお風呂に入る
  • 男性はブリーフやボクサーを履く
  • 着床前診断&マイクロソート法

 

こういった産み分け法の中で、その根拠と言われているのがpHだったり、精子の性質だったるする。

pHとは酸・アルカリの強さのことで、酸性またはアルカリ性の環境によって精子の活性度や寿命が変わってくるというお話。

精子の性質とは、Y精子またはX精子がもつ特徴のことで、大きさやらスピードやら寿命に違いがあると言われている。

Y精子とX精子のちがいはこんな風に語られている。

  Y精子 X精子
得意なpH アルカリ性 酸性
多い 少ない
大きさ 小さい 大きい
寿命 短い 長い
スピード 速い 遅い
ストレス耐性 弱い 強い

 

このような精子の性質が女の子の産み分け法の根拠となっているのだ。

わたし
わたし
じゃあこのX精子の性質って本当なの??

という疑問を徹底的に検証していこう!

 

X精子の本当の性質

X精子は酸性が得意?

本当にX精子は酸性が得意なのだろうか。

それを調べた文献をいくつか紹介していく。

1976年 ウサギの精子を使ったpH別培養実験

Muehleis, P. M., and Long, S. Y. (1976). The effects of altering the pH of seminal fluid on the sex ratio of rabbit offspring.

この研究では、pH別にわけた溶液の中で精子を培養し、生まれた仔ウサギの性別を分類した。

結果がこちら。

  男の子 女の子
酸性(pH5.4) 48% 52%
中性(pH6.9) 63% 38%
アルカリ性(pH9.6) 49% 51%

 

わたし
わたし
たしかに、酸性は女の子の方が多かったらしい。(といってもほぼ半々?)
中性になると男の子の確率が63%と高くなった。
でも、アルカリ性になるとまた女の子の確率が多くなった。(とういうかほぼ半々)

アルカリ性はY精子の方が得意なんじゃないの!?

 

2017年 ヒトの精子で複数の温度・pHで培養した実験

You, Y. A., Kwon, W. S., Saidur Rahman, M., Park, Y. J., Kim, Y. J., and Pang, M. G. (2017). Sex chromosome-dependent differential viability of human spermatozoa during prolonged incubation. 

かなり新しいこの論文。超参考になったので英語が得意で興味がある人はぜひ原文↑を読んでみてほしい。

37℃の条件下で、pH6.5(弱酸性)、pH7.5(中性)、pH8.5(弱アルカリ性)の培養液で精子を0~5日間培養した結果がこちら。

(注)縦軸の1.0というのがY:Xが1:1の状態で、この数値が下がっていくにつれてY精子の比率が減っていくという意味。

これを見ると、pH6.5とpH8.5の環境下では時間が経つにつれてグラフが右肩下がり、X精子の方が多く生き残っているということがわかる。

一方、pH7.5の中性条件下では、5日目にY:X比率が1.0に近づいている。つまり、Y:Xがほぼ同数残っていたということ。

この傾向はウサギの実験とも類似している。

つまり、Y精子は中性の状態が最も安定して生き残ることができる。アルカリ性または酸性に傾くとY精子は生き残りにくくなり、逆にX精子に有利になる。

男の子の産み分けに関して言えば、もともと女性の膣内は酸性に保たれているから、アルカリ性の産み分けゼリーを注入することで中和されて中性になる=男の子産み分けに有効!っていう理屈らしい。

わたし
わたし
酸性条件下ではX精子が有利というのは信憑性がありそうだけど、劇的にYとXの比率に差がつくわけではなさそう

 

X精子は数が少ない?

Y精子の方が数が多くてX精子が少ないという噂もよく聞く。

果たしてそれは本当か。

過去の研究結果を一覧にまとめていた論文を紹介。

Md Saidur Rahman and Myung-Geol Pang*, New Biological Insights on X and Y Chromosome-Bearing Spermatozoaより

これを見ると、Y精子とX精子の比率は、最近の研究では同じくらいと結論づけている論文が多い。

どれも1:1に限りなく近い。

多少差があると結論づけている論文でもその差は数%以下で、もはや誤差なのではないだろうか。

 

 

X精子は寿命が長い?

次によく言われるのが、X精子は寿命が長いという話。

Y精子の方が数が多くて寿命が短いので、排卵日当日に性交渉するとY精子が有利!
逆に排卵数日前の性交渉では、排卵日にはY精子は寿命が尽きているのでX精子が有利!と言われている。

はてさて、これは本当か。

これも先ほど紹介した論文に書いてあった。

You, Y. A., Kwon, W. S., Saidur Rahman, M., Park, Y. J., Kim, Y. J., and Pang, M. G. (2017). Sex chromosome-dependent differential viability of human spermatozoa during prolonged incubation.  より

精子の生存率は最初は同じくらいだけど、3日目になるとX精子の方がY精子より長く生き残っていた。しかも、pH8.5のアルカリ性条件下ではよりその傾向が顕著だった。

pH8.5でX精子は5割くらい、Y精子でも4割くらい生き残っているわけなので、歴然な差があるわけではなさそう。

しかし、傾向としてはX精子の方が寿命が長いというのはあり得るみたいだ。

 

X精子はストレスに強い?

また言われているのが、X精子は外的ストレスに強く、Y精子は外的要因によるストレスに弱いということ。

これに関しては2つの論文を紹介する。

2008年 マウスの実験

Perez-Crespo, M., Pintado, B., and Gutierrez-Adan, A. (2008). Scrotal heat stress effects on sperm viability, sperm DNA integrity, and the offspring sex ratio in mice.

結論:雄マウスの陰嚢にショック熱を与えた後、雌マウスと交配させると、より多くの雌の子供が生まれた。

 

2009年 ウシの実験

Hendricks, K. E., Martins, L., and Hansen, P. J. (2009). Consequences for the bovine embryo of being derived from a spermatozoon subjected to post-ejaculatory aging and heat shock: development to the blastocyst stage and sex ratio

結論:ウシの精子を38.5℃(体温と同程度)と40℃(高温)で4時間培養させた後受精させると、40℃の方で雌の子供が多く生まれた。

 

わたし
わたし
これらの結果によると、X精子が熱に強いというのはかなり信憑性が高いね!

 

また、2017年のあの論文が登場。細かい実験内容は難しいので省略するが、結論部分に以下のように記載されている。

 (Google翻訳)まとめると、私たちの結果は、Y 精子が X 精子よりも生理学的および精子貯蔵条件の変動に対して脆弱であることを示しました。生きている Y 精子は X 精子よりもアポトーシスの影響を受けやすいことがわかりました。これは、受精能力の急速な低下を意味します。さらに、ストレスの多い条件下で X 精子の生存期間が長いほど、卵母細胞の受精の可能性が高くなり、この現象が、人間の男女の出生率の観察されたシフトに関与している可能性があることを示唆しています。

Taken together, our results showed that Y spermatozoa are more vulnerable to fluctuations in physiological and sperm-storage conditions than X spermatozoa. Live Y spermatozoa were found to be more susceptible to apoptosis than X spermatozoa, which implies faster decline in fertilization capacity. Moreover, the longer survival of X spermatozoa under stressful conditions leads to higher probability of oocyte fertilization, suggesting that this phenomenon can be responsible for the observed shift in ratios of male-to-female births in humans.

You, Y. A., Kwon, W. S., Saidur Rahman, M., Park, Y. J., Kim, Y. J., and Pang, M. G. (2017). Sex chromosome-dependent differential viability of human spermatozoa during prolonged incubation. より

 

以上のように、同様の内容を結論付けている論文は複数あり、X精子はY精子よりも熱に強い。ストレスに強い、というのは信憑性がありそう。

 

マグネシウムとカルシウムの摂取が影響?

この論文を紹介しよう。

2010年 80%以上の確率で女の子が生まれた研究結果

A.M. Noorlander J.P.M. Geraedts J.B.M. Melissen Female gender pre-selection by maternal diet in combination with timing of sexual intercourse – a prospective studyより

オランダで2000年代に行われた、女の子を希望する女性のボランティア179人による研究。

ナトリウム・カリウムの摂取を控え、逆にカルシウム・マグネシウムの摂取を増やすと女の子が生まれやすい

という仮説を検証したものだ。

わたし
わたし
ミネラルの摂取量が産み分けに関連するのかな?
ナトリウムとカリウムは1価陽イオンになりやすい「アルカリ金属」、カルシウム・マグネシウムは2価陽イオンになりやすい「アルカリ土類金属」って、高校化学で習ったね!

この対象者はすでに男児の出産経験がある方たち。みんなそれぞれ1人から最大で4人(!)の男児をもっていて、女児を持っているのは179人中2人だけ。

「男っ腹」というのが実在するのかはわからないけど、とにかく男の子しか生まれないから女の子がほしい!というタイプの女性たちが対象だ。

この女性たちに、①食事コントロールと②性交渉タイミングの両方を試みてもらった。

  1. 2ヶ月以上食事コントロールを行い、血中のナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム濃度を測定。ナトリウム・カルシウムは一定以下に抑え、カルシウム・マグネシウムは一定以上になるように食事やサプリメントで補給した。
  2. 排卵予定日の2~3日前までに性交渉を行い、排卵検査薬で陽性となり排卵日が近いことがわかったら避妊する。

 

その結果がこちら。

タイミングや食事コントールができたグループとできなかったグループに分類して、生まれた子どもの性別が女の子だった確率を記載している。

  タイミング
タイミング
×
食事コントロール ○ 81%
(26/32)
20%
(1/5)
食事コントロール × 30%
(9/30)
9%
(1/11)

 

・・・なんと。

食事コントロールとタイミングが合ったケースでは、8割もの方が女の子産み分けに成功!

この結果にはびっくり。

でも、ほかのグループはどれも女児率50%以下。この研究の対象となった女性はもともと男児を多く生んでいた人たちだから、男児が生まれやすい体質だったのかな・・・?

それを加味すると、食事+タイミングが合ったケースでの81%という女児率は驚異的!!

 

食事のコントロールでは、

  • 塩分を控える(塩分=ナトリウム)
  • じゃがいもを食べない(じゃがいもにはカリウムが豊富)
  • 1日あたり500~700mgのカルシウムサプリメントを摂取
  • 1日あたり400~600mgのマグネシウムサプリメントを摂取

などが実践されたそう。

これで女の子産み分けの確率が上がるなら、取り入れやすい方法だ!

 

でもここでひとつ疑問が。
男の子の産み分けに使われる「リンカル」。
結構男児産み分けの確率があがるという噂のリンカルって・・・カルシウムだよね!?
え?カルシウムって女の子なの?男の子なの?ちょっと混乱!
わかる方教えてください。
(わかったら追記します。)

 

有効な女の子産み分け方法はどれ?

研究結果から、いろいろ言われている産み分け方法の有効度を分類していこう。

排卵日2~3日前に性交渉する:有効度○

これは、

  • 排卵日当日は膣内が頸管粘液によって酸性から中性〜アルカリ性に近づくので、頸管粘液が出るよりも前に性交渉することでX精子に有利な酸性環境に精子を置くことができる
  • X精子はY精子よりも寿命が長いので、排卵まで時間を置いた方がX精子が多く生き残っている状態を作ることができる

という根拠に基づく方法。

実際、いくつかの論文でも、X精子の方がストレス耐性があって寿命が長いことが示唆されており、それが正しいとすると排卵日よりも2~3日前に性交渉するのが良さそう。

排卵日2~3日前に性交渉したら女の子の確率が上がるというのはかなり信憑性があると思っている。

産み分けゼリーを使う:有効度○

女の子用の産み分けゼリーは弱酸性に調合されている。

研究の結果では、X精子は酸性環境下ではY精子よりも有利という傾向があった。

さらに、産み分けゼリーに関してはネット上に一定数の成功体験談があるし、これを支持する産婦人科が多くあるので信憑性があると認識している医師もかなり多くいる。

よって、産み分けゼリーを使うのは産み分けには有効と言えそう

とはいっても、確率が劇的に上がるわけではない。

酸性環境下でも生き残るY精子はいる。

何もしない産み分け成功率が50%だとしたら、ゼリーの効果は55~60%くらいにとどまるだろう。

 

O+12法:排卵後に性交渉する:有効度×

この方法はオーストラリア人女性の体験がきっかけになり、広まったと言われている。

O+12(オープラストゥウェルブ)と呼ばれる方法で、排卵後12時間経った時点で性交渉することで女の子が生まれた!というものだ。

しかし、仮に排卵12時間後だと女の子ができやすいのが本当だとしても、卵子の寿命は6~12時間程度と言われていて、排卵後12時間ではもう寿命が尽きる頃だ。

また、精子は性交渉してから5~6時間経たないと受精能力をもたないと言われているので、排卵後12時間後+5~6時間経つ頃には、卵子は生き残っていないのでは?

もちろん、卵子の寿命は人によって異なるので生き残っている卵子もあるだろうが、よっぽど妊娠しやすい体質の人じゃない限りは妊娠率を極端に下げる方法なのではないか。

よって有効度は低いと思う。

詳しくは↓こちらの記事↓で。

O+12法は新しい女の子産み分け方法!成功確率は?女の子産み分けの方法でO+12法という方法があるらしい。 日本ではあまり聞かないが、アメリカなどでは最近話題になっている様子。 ...

 

クランベリーサプリを摂取する:有効度???

これに関しては文献がほとんど見当たらなかった。

クランベリーを摂取すると体内が酸性に傾きやすいと言いたげなサイトはいくつか見つけたんだけど、科学的に証明したサイトやデータは見つけることができず。

 

マグネシウムサプリを摂取する:有効度○

  • ナトリウム・カリウム・・・控える
  • カルシウム・マグネシウム・・・増やす

これを心がけると女の子の産み分けに効いたという研究結果があるので、期待が持てる。

でも、カルシウムって、男の子産み分けに使われる「リンカル」にも含まれているので、カルシウムを摂ると女の子なのか?男の子なのか?よくわからない。

なので、カルシウムはほどほどに、マグネシウムは積極的に取っていく方法がより確実かな?と個人的に考察する。

マグネシウムは便秘改善のお薬にもなっているので、便秘気味の方には一石二鳥の栄養素だ!

また、ナトリウム・カリウムを控えるのも同時にやるとよさげなので、減塩を心がけ、カリウムが多いじゃがいも、バナナ、オレンジ、かぼちゃ等は食べすぎないように気を付けるとよさそう!

 

肉中心の食生活にする:有効度×

これは体内のpHを酸性に傾けるというお話。

お肉食べたら膣内の酸性が強くなるの?

うーん・・・普通に考えて因果関係がありそうに思えない。

それにお肉中心の食生活は体にも悪そう。

妊娠のためには、野菜もたくさん食べて健康的な食生活にすることって重要だと思うのよね。

ということで、私はこの方法は信じない。

 

男性は毎日射精して精子を薄める:有効度×

Y精子の方が数が多いから、精子を溜めるとY精子濃度が高くなってしまうという理屈らしい。

でも、論文によると、Y精子とX精子は数は変わらないんだって。

というか仮にY精子が多かったとしても、同じ比率で生産されていくんだったらYとXの比率は一定じゃない?とも思う。

ただ、禁欲しすぎると精子が古くなって質が悪くなるとも言われている。だからときどき射精して新鮮な精子を用意しておくという意味のは有効だと思う。産み分けじゃないけどね。

 

男性は性行為前にコーヒー(カフェイン)を控える:有効度???

カフェインを飲むとY精子が活性化されてしまうからなんだそう。

カフェイン摂取によってスピードが速くなるかどうかなどの調査結果は見つからなかった。

Y精子が活性化されてX精子は活性化されないのはなぜ?ちょっと理屈がピンときません。

 

男性は熱いお風呂に入る:有効度〇!?

意外にもこの方法は有効なのかもしれない。

こんな方法、実は全く信憑性ないと思ってた。

たしかに、お風呂くらいで影響を受けちゃうほどヒトの体は単純ではないと思うんだけど、Y精子が熱に弱いという根拠はいくつもあった。

マウスとウシの実験では、熱を与えた環境下でメスが生まれる確率が高かった。

女の子希望なら、性行為前に42℃以上の熱めのお風呂に入ろう!!?

 

男性はブリーフやボクサーを履く ⇒ 有効度○!?

X精子はストレスに強いから、締め付けの強いブリーフやボクサーといった下着で陰嚢を締め付けるとX精子の方が生き残りやすいって話?

正直こんな方法信じてなかったけど。論文を調べるほどに「アリかも!?」と思い始めてしまった。

男性のみなさん、ブリーフやボクサーって締め付け感あるんですか?

何ならキツめの下着を用意しましょうか!!??

ストレスってこういうことじゃない気もするけど・・・有効性はあるのかな!?

 

着床前診断・マイクロソート法:有効度◎

これは「どうしても!確実に女の子がほしい!!」という人向けの情報だけど、高確率で産み分けできると言われている方法だ。

着床前診断は、体外受精で受精卵を作り、遺伝子診断によって女の子と判明した受精卵だけを子宮に戻すという方法。

限りなく100%に近い確率で産み分けできると言われている。

ただし、日本では性別選択の目的での着床前診断は認められていないので、海外に渡航する必要がある。また、費用は300万~500万円と言われており、非常に高額だ。

コロナ禍で海外渡航には制約も多く、なかなか実現は難しいかもしれない。

そこで、登場するのが2020年9月に日本で導入されたマイクロソート法という方法だ。

精子を特殊な方法でY精子とX精子に分類してくれる。

処理した精子は自宅に冷凍便で届くので、その精子を排卵日付近にシリンジで膣内に注入するという方法。

一度精子を専門機関に提出する手間はあるが、それ以外は全て自宅でできるので簡単・手軽だ。

この方法によると、女の子の産み分け確率は93%という結果が出ているらしい。

費用は3回で745,000円。高額だけど、着床前診断に比べたら手が届く金額ではある。

確実性を求める方にはお勧めできる方法と言えそう。

 

↓詳しくは公式サイトを見てください↓

 

 

 

本気で産み分けしたい場合におすすめな方法

以上のとおり、私個人の見解で一応ある程度の有効性がありそうなのは、このあたりの方法かなと思う。

私がおすすめする女の子産み分け方法

  • 排卵日2~3日前に性交渉する
  • 産み分けゼリーを使う
  • マグネシウムサプリを摂取する
  • 男性は熱いお風呂に入る
  • 男性はブリーフかボクサーを履く
  • マイクロソート法

でもこれらを全て行ったとしても、確実に女の子の産み分けが成功します!とは言い切れない。

本気で100%女の子の産み分けがしたい!!という人には、着床前診断しかない。

 

どちらの性別の子が生まれても変わらず愛せる!と自信がある人は、ぜひ産み分けにチャレンジしてみてください!

わたし
わたし
男の子だって、女の子だって、どちらも可愛い我が子には変わらない。
その中で、できたらこっちがいいな!と性別の希望があることは普通の感覚だと思う。
産み分けして、成功した!失敗だった!どちらもアリ!!
重要なのは希望の性別の子を産むことじゃなくて、その子が立派に育っていくことだから。

 

女の子産み分けグッズ

産み分けゼリー

産み分けゼリーは繊細にpH調整されたもの。メルカリとかで買うよりも、メーカーから直接買うのが安心だね!

こちらのバナーから買うと、メーカーから直接購入することができます。さらにキャンペーンで最大2万円の返金保証もついています!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

 

排卵検査薬

排卵検査薬が陽性になったら、24~36時間くらいで排卵すると言われています。

女の子産み分けのためには、排卵検査薬を排卵のかなり前から使って陽性になる前にタイミングを取っておき、陽性になったら排卵が近いので性交渉を控えるという方法がよさそうですね。

ドラッグストアで買うのがちょっと恥ずかしいという人は、ネット通販でのおまとめ購入がおすすめ!

 

マグネシウムサプリ

マグネシウムサプリはネットでも買えます!種類もいくつかあるので、好きなものを選んでみて!

妊活を始める2ヶ月前くらいから飲み始めるのがよいそうです!

 
 
 
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です