【労災】通勤災害

【時系列まとめ】労災後遺障害申請(障害給付)の結果が出るまでどれくらいかかる?

交通事故で足の甲を骨折してから約1年半、まだ傷害の示談には至っていない。

後遺障害申請の結果を待っている最中だ。

【時系列まとめ】交通事故〜症状固定〜後遺障害申請〜異議申し立て〜示談までどれくらいかかる?交通事故で足を骨折してから後遺障害申請を経て示談に至るまで、どれくらいかかったのか時系列でまとめてみた。 なお、事故から1年半たった今...

 

私の事故は通勤途中の事故だった。

通勤中の交通事故は、「労災」の対象案件となる。

私は、骨折の治療期間が終わった後に、労災の対象であることに気がつき、労災の方にも後遺障害申請をすることを決める。

労災の方は、自賠責保険や任意保険とはいろいろと専門用語が異なり、後遺障害の補償のことを「傷害給付」という。

通勤中の交通事故の後遺障害は労災も対象!障害給付って何? 骨折の痛みを理由に後遺障害申請をしたものの、自賠責保険の回答は「非該当」だった。 これに関し、弁護士と異議申立てをする...

本記事では、私の傷害給付申請にかかった期間をまとめてみる。

交通事故当日

2019年1月30日

通勤中の事故で、足の甲を骨折。

通院を始める。

このとき、労災のことなんて全く頭になく、治療費は任意保険会社が払う。

症状固定

2019年8月31日

骨折から7ヶ月、症状固定と診断される。

なお、労災では「治癒」と表現する。後遺障害が残っている場合でも、症状固定日=治癒日だ。治ってないのに、ちょっと変な感じ。

会社に労災申請を相談

2019年12月2日

今回の後遺障害が労災にも申請できることを知り、会社の労務担当者に相談。

おそらく対象となるとのことで、労災の傷害給付申請の準備を始める。

この書類準備が結構大変だった・・・さすがはお役所。必要な「紙」がまじで多い。

【労災障害給付申請】必要書類全て実物を公開!労災に後遺障害申請をするにあたり、会社の担当社労士に必要な申請書類を教えてもらった。 なんとその数、12種類。 なお、書類の書式...

 

労基署へ申請書類を提出

2020年2月10日

労災の必要書類がようやく揃ったので、会社の管轄となる労働基準監督署へ書類を発送。

労基署から受理連絡

2020年2月14日

労基署から会社の社労士へ、申請受理の連絡が来る。

書類の不足等はなく、これから手続きを進めるとのこと。

労基署から面談日程の通知が届く

2020年3月7日

労基署から私の自宅へ、面談に来るように通知が来た。

指定された日程は3月19日だった。

労基署で面談

2020年3月19日

面談のため、労基署へ。

内容は、労基署の担当者2人と嘱託医1人との面談。

【労災の後遺障害認定日】障害給付認定のための面談に行ってきた 労基署に申請書類を提出してから約3週間。 自宅に労基署から「面談」の日程通知が届いた。 「貴殿の身体障害...

労基署担当者に言われたのは、

「結果通知までは通常1~2ヶ月かかるが、任意保険との示談が終わってからの結果通知になるのでもっとかかる。」ということだった。

任意保険からの後遺障害賠償額が決まらないと、労災の方も決定できないらしい。なぜなら賠償内容の一部が重複するため、二重に支払うことがないよう調整をするためとのこと。

よって、これからは任意保険の示談(自賠責の後遺障害異議申し立て結果)待つのみ。

 

任意保険の示談まで

2020年8月3日

後遺障害の異議申し立てによって、非該当から14級9号認定された。

2020年10月19日

約2ヶ月に渡る弁護士の交渉の結果、晴れて示談成立。

 

労災の振込・結果通知

【労災支給決定通知】任意保険示談成立から障害給付振込まで約7週間かかった交通事故後の後遺障害申請について、任意保険と労災を並行して申請した。 自賠責先行で任意保険の示談を先に成立させて、示談後に労災の給付を...

2020年10月末

労基署に状況を確認。会社に確認を要する件が発生したため、会社の対応待ち。

2020年11月末

会社の対応終了。

2020年12月3日

労基署担当者より、労災等級・金額が決定し、本日支払いに回すと電話連絡をもらった。

2020年12月9日

障害給付の振込入金。

朝9:00に見た時には入金されてなかったけど、お昼12:00頃にみたら入金されていた。
(こまめにチェックしすぎ笑)

2020年12月10日

支給決定通知の圧着ハガキが届く。

 

労災の対応も完了し、晴れて交通事故の件が全て解決!!

事故は2019年1月だったから、ほぼ丸2年かかったということに。

痛くて辛い時間、何もできなくてもどかしい時間も長かったけど、無事に納得できる形で終えることができ、とても清々しい気分!!!

 

ちなみに、後遺障害の等級は自賠責は14級9号(痛み)だったけど、労災は13級10号(可動域制限)が認められた。

労災の方が高い等級が付きやすいというのは本当らしい。

【自賠責14級労災13級】労災では拘縮による可動域制限が認定された交通事故後の後遺症の申請を自賠責・労災の両方に申請したところ、認定等級がちがう結果となった。 怪我の内容 左第2, 第5中足骨の骨折...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です