【PCOS】多嚢胞性卵巣症候群

【多嚢胞性卵巣症候群】PCOSと診断された私の例

わたし
わたし
若い頃から生理周期は長め。
生理がなかなか来ないまま不正出血がダラダラ続くことも多くて心配。

妊活を始める前の私の症状だ。

妊活を始めようにも、なかなか生理周期が安定しなかった私。とても妊娠できる気がしなかった。

妊娠希望だった私は、時間だけが経つのが不安になり、27歳のとき結婚後まだ2ヶ月だったけど不妊治療を行っている産婦人科を訪れた。

そこで「多嚢胞性卵巣症候群」と診断を受けた。

本記事では、私の特徴を例としてPCOSの症状を解説していく。

PCOSとは?

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)

PCOSとは、Poly-Cystic Ovarian Syndromeの略。「ピーコス」や「ピーシーオーエス」と読む。

日本語にすると多嚢胞性卵巣症候群。

女性の体の中では、毎月、以下のようなサイクルで生理が起こる。

  1. ひとつの卵胞が成熟する(卵胞期)
  2. 排卵する(排卵期)
  3. 着床を待つ(黄体期)
  4. 妊娠しないと生理が起こる(月経期)

しかし、PCOSでは①の卵胞期に異常が起こる。

通常のサイクルではいくつもある卵胞の中から最終的にひとつの卵胞が成熟するのに対して、PCOSでは複数の、時には10個以上の卵胞が同時に成長してしまう。

同時にいくつもの卵胞が成長すると、成熟する卵胞が定まらず、排卵に至らない。

なかなか排卵しないと、当然生理も来ない。これがPCOSの症状となる。

「生理周期が長い」「無排卵月経がある」というのがPCOSの主な特徴のひとつ。

PCOSと診断される要件

医師が患者をPCOSだと診断するためには3つの要件全てに当てはまる必要がある。

  1. 月経異常(生理不順や無月経)
  2. 多嚢胞性卵巣
  3. ホルモン値異常(FSH正常かつ男性ホルモン高値 または FSH正常かつLH高値)

私は3つともドンピシャだったので、PCOSと診断された。

順番に見ていこう。

① 月経異常(生理不順や無月経)

私の生理不順歴は長い。

生理周期が38日以上の場合「稀発月経」という生理不順に分類されるが、私は高校生の頃から生理周期は38日以上あった。

当時から生理周期は40~45日。とにかく周期は長かった。

当時も周期が長いことを心配して産婦人科にかかったことがあったが、

婦人科医
婦人科医
長くても安定して生理が来ているなら心配いらないよ。

と言われていたので特に何もしてこなかった。

そして、23歳頃から生理周期がさらに伸び始め、50~60日、時には2ヶ月以上たっても生理が来ない日が続いた。

生理が来ないため婦人科を受診すると中容量ピルを処方され、薬で生理を起こすことが多かった。

数年間低容量ピルを継続して飲んだ期間もあったが、ピルをやめる度に毎回「生理がなかなか来ない」状態に戻った。

27歳の時に初めてPCOSと診断されたわけだが、昔から生理周期が長かったことを考えると当時からPCOSの傾向はあったのかもしれない。

わたし
わたし
ずっと生理に関して悩みは尽きなかったんだよね。

② 多嚢胞性卵巣

卵巣をエコー検査で見ているとわかる。

卵巣の中に、小さな卵胞がたくさんある所見のこと。

具体的には片方の卵巣で9mm以下の小卵胞が10個以上あることが基準とされている。

これは診断された時のエコーではないのだけど、こんな風にごちゃごちゃっと小さな黒い丸っこいのがいっぱい見えるのが多嚢胞性卵巣の所見だ。

卵巣をぐるりと一周するように見えるので、真珠のネックレスみたい!ということで「ネックレスサイン」と呼んでいるらしい。

わたし
わたし
こんなネックレス、いらなーい!!

③ ホルモン値異常

「FSH正常かつ男性ホルモン高値」または「FSH正常かつLH高値」のどちらかに該当する場合。

日本では「FSH正常かつLH高値」の方が多いらしい。

私の検査結果はこちら。

  私の検査結果 正常値(月経期)
FSH 8.2mIU/ml 3.5~10mIU/ml
LH 11.1mIU/ml <7mIU/ml

FSHは正常範囲内だけど、LHは正常値を超えている。

特にPCOSの診断では、LH>FSHとなっていることがポイントらしい。

FSHは卵胞を育てるように指示するホルモン、LHは卵胞が育った後に排卵するように指示を出すホルモンだ。LHの方が高いということは卵胞を育てる指示が正常に出せていないということかな?

なお、LH異常ではなく、男性ホルモン高値の場合は多毛とかニキビとかの所見も多いそうだけど、それは日本の症例では少ないらしい。

わたし
わたし
こうやって数値で異常だと言われると、納得感が強い。
長年の生理不順の理由がわかった感じ。

PCOSと診断された私の基礎体温例

PCOSの人の基礎体温ってどんな感じ?という例を見てみよう。

月経初日をDay1として計った私の基礎体温のグラフがこちら。

サイクル1基礎体温表

私の場合、高温期になると36.6℃を超えるのだけど、特に何もしない周期はこんな感じでダラダラと低温期が続く。

この周期は不正出血が続いていて、周期28日目に通院をした。

医師の所見では、やはり卵巣の中には未成熟の卵胞が多数ある多嚢胞状態だった。

この日から中容量ピルのプラノバールを12日間飲み、強制的に生理を起こさせることにした。

わたし
わたし
ダラダラと無排卵が続き、途中でホルモンバランスが崩れて不正出血になるんだなぁ。
この不正出血も放っておくと2週間も3週間も続いたよ。

PCOSは治せるの?

PCOSを治したい!と思っても、残念ながら現在のところ根本的な治療法はないようだ。

婦人科の先生には、

わたし
わたし
PCOSは病気ではない。体質のようなもの。とも言われたよ。

  • 妊娠希望なら排卵を促す薬を飲んで妊活する。(手術適応の場合もあり)
  • 妊娠希望でないなら、生理が正常にくるようにピルなどで対応する。

いずれにしても対症療法だ。

排卵誘発剤でも排卵できない重度の場合は腹腔鏡手術(ラパロ)が選択される場合もあるそうだが、これも半年から1年経つと元の状態に戻ってしまうことが多いらしく、完全に治す方法とはいえない。

薬でも手術でも治せない。

いつか根本的に治せる時代が来て欲しい・・・

とは思うものの、早く妊娠したい私たちにとってそんな時代を待ってはいられない。

私は排卵誘発剤を試した結果、無事に妊娠に至ることができた。

 

一方の妊娠希望でない場合も、治療法がないからといって放置しておくと、卵巣が疲れた状態になってしまいあまりよろしくないらしい。

ピルを飲むことで卵巣を休ませてあげたり、生理を起こして周期を正していく治療をした方が体のためにはよいと聞いた。

 

自分の体質をきちんと理解して、付き合っていく必要がありそうだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です