お助け情報

マイラボから未払いの取り立て!無視してよい?消費生活センターに相談

マイラボという副業アフィリエイトサポートサイトに申し込み、いろいろとトラブルが発生。

書かないアフィリエイト「マイラボ」初心者は手を出さないで【私も解約申請中】「アフィリエイト」「副業 ブログ」と検索すると、広告がバンバン出てくるMy Labo。 Wordpressでブログを始めたばかりだった...

その後、消費生活センターとクレジットカード会社に協力してもらい、請求を止めることができた。

【消費者センターに相談して解決】マイラボとの解約トラブル対応マイラボというアフィリエイトサポートサイトに登録したはいいものの、うまく使えず持て余していた。 契約したコースは月額980円で1年契約...

 

支払い方法は月払いのクレジットカード決済にしていたものを、クレジットカード会社(Amex)が請求をブロックする対応をしてくれたので、これ以降請求は来なくなった。
これで一安心かと思いきや、マイラボから督促のメールが届いた。

マイラボからの督促メールが2通

これが実際に届いたメールの全文だ。

似たようなメールが2通届いた。

【債権回収センターからの通達に関しまして】
 
*当メールはお客様にご締結いただいた「My Labo」の支払い遅延に関するものとなっております。
 
いつも大変お世話になっております。
 
誠に遺憾ながら、決済会社および債権回収センターより
お客様のアカウントにおいて「遅延金(未払い料金)」が発生しているとの通達を受けております。
決済管理センターおよび債権回収センターより通達が来ております
 
*このまま遅延が続いた場合:信用情報機関(ブラックリスト)に登録されると、既存カードの利用制限(ショッピング、リボ払い、借入等を含む)、新規カードの登録は一切不可となることが考えられお客様の不利益となりますのでご留意願います。
 
 
クレジットカードの利用枠がないなどの場合:
お支払い方法の変更等について至急ご連絡願います。
 
カードがチャージ式の場合は:
即時資金のチャージ処理後すぐに「チャージ完了」とご連絡ください。
 
*遅延解消のためにクレジットカードの場合は「利用限度額」、チャージ式カード(デビットカード)の場合は「残高」を至急ご確認ください。
*近日中にもメール・SMS・ご登録住所等へ債権回収センターより送付されます。
 
 
このまま「お支払い処理がない」または「遅延が継続される場合」
当サポートセンターの範疇を離れ
提携のサーバー会社および債権回収センター等からの内容証明(法的措置・訴状送達)等が実行され、お客様にとっての不利益となりますので必ずご対応願います。
 
お忙しい中大変恐縮ですが
何卒よろしくお願い申し上げます。
 
*全プラン共通で12回分のお支払いが必須となっております。
遅延が継続する場合は債権回収センター等から内容証明が自動送付されお客様にとっての不利益となりますので、クレジットカードの利用枠・チャージ式カードの残高・利用期限等にご留意ください。
【支払い遅延に関する緊急のご連絡】

*本メールは利用規約(最短12ヶ月ごとの年間更新契約:下記規約添付)同意の上でお客様自身に申請・締結をいただいた「My labo」に関する株式会社KREEDからのメールとなります。添付ファイルも合わせてご確認願います。

My Laboの月額利用料金にてお支払いの「遅延」が確認されておりますので至急ご確認願います。

*このまま遅延が続いた場合:信用情報機関(ブラックリスト)に登録されると、既存カードの利用制限(ショッピング、リボ払い、借入等を含む)、新規カードの登録は一切不可となることが考えられ、お客様の不利益となりますのでご留意願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お支払い遅延分】
2020年
10月分:遅延中
 
合計:980円(1ヶ月分)

下記より至急お支払いをお願いします。


【支払期限】
2020年10月21日 15:00までにPayPal決済または当社指定口座にお振込ください
*このままお支払いがない場合、
下記契約情報に基づきサーバー会社等からも遅延金に関する内容証明等が自動送付されます。ご了承ください。

下記ABCより選択の上、至急お支払い願います。
原則Aのクレジットカードによる清算をお願いしております。
クレジットカードによる清算が不可な場合のみ、BもしくはCをご選択ください。

A:オンライン決済での清算


・現在ご利用可能なクレジットカード、デビットカード等のチャージ式カードがある場合には別途承ります。(毎回の手数料無料)すぐに決済ボタンを再発行しますのでお気軽にお申し付けくださいカードがチャージ式の場合は:即時資金のチャージ処理後すぐに「チャージ完了」とご連絡ください。



・また、下記の銀行のオンラインバンク(インターネットバンキング)をお持ちの方は銀行からの自動振替の設定も可能です。毎月のお支払いに関する手数料が不要となりますので、こちらのご登録をオススメいたします。ご希望の方はお気軽にお申し付けください。
B:銀行振込(月ごと)での清算

■My Labo お振込口座
楽天銀行
第二営業支店(支店番号:252)
口座種別:普通口座
口座番号:*******
名義:カ)クリード
*お振込手数料はご負担願います。
お振込料金:980円(1ヶ月分)
上記は清算分のみとなります。
以降必ず毎月1日までに980円をお振込ください。(次回は11/1までに願います。)
全プラン共通で最短契約期間は12ヶ月となっております。
C:銀行振込(年額の残金全額)での清算毎回の手数料負担がお客様側に発生してしまうため残金全額でのお支払いも可能です。

■My Labo お振込口座
楽天銀行
第二営業支店(支店番号:252)
口座種別:普通口座
口座番号:********
名義:カ)クリード
*お振込手数料はご負担願います。
お振込料金: 9,800円(税込)(年額残金分)


支払いが納期限を過ぎた場合
【遅延損害金の計算方法】

ご請求料金(※1) × 利率(※2) × 日数(※3)/365日 = 遅延損害金

※1お申込みいただいたご契約金額。 
※2......年5%です。*民法第404条に規定している法定利率となります。
※3......納期限の翌日からお支払いいただいた日までの日数

My Labo会員規約にもある通り、Stripe、もしくはPayPal等の初回締結を完了後、12ヶ月間を最短契約期間と定めております。最短契約期間は如何なる理由があるにせよ、契約プラン等(年額・月額コース等も含む)に関わらず、解約・返金はいたしかねます。ご提供のサーバーやドメイン自体もすべて12ヶ月契約で弊社にて代行で契約・ご準備させていただいておりますため、全てのお客様にご了承いただいている部分となります。)

 
わたし
わたし
「債権回収センター」とか「信用情報機関」とか言っているけど、これって大丈夫?
 

こういうメールが来るとちょっと心配になってくる。

ということで、消費生活センターの担当Mさんにメールを転送し、再度問い合わせてみた。

 

消費生活センターの回答は「無視を推奨」

相談員Mさん
相談員Mさん
メール拝見しました。
結論から言いますと、そのまま無視していただいていいかと思われます。

無視して良いと判断した理由を教えてくれた。

債権回収センター?

相談員Mさん
相談員Mさん
メール文面に「債権回収センター」という記載がございます。
債権を回収する業務を行っている会社は確かにありますが、実際に行うためには法務大臣の許可が必要、具体的には法務省への届け出をして認可を受ける必要があります。
今回のメールでは、特に社名の記載はなく、単に「債権回収センター」と名乗っているだけのようですので、債権回収の実態はなさそうです。

なるほど、「債権回収センターと名乗っているだけ」の感じが強い。

信用情報機関??

CICとかJICCとか、クレジットカードを新規発行するときなどに、照会されるやつのことかと思われる。

過去の取引で遅延や未払いの履歴が多くあると信用履歴に不備があると判断される(いわゆるブラックリスト)ということで、カードの新規発行ができなくなることがあると言われている。

マイラボの請求を支払っていないと、信用情報機関に登録されてしまうのか?

相談員Mさん
相談員Mさん
今回の請求と信用情報機関は一切関係がありません。
今回は請求をブロックしただけであって、クレジットカードの未払いがあるわけではないですよね?
これはデタラメですね。

消費生活センターの相談員さんがデタラメと断言した。

クレジットカードの未払いなら信用情報機関が関係するが、そもそも今回はクレジットカードへの請求をブロックしている。請求が計上されていない以上、クレジットカードの未払いになっているわけではない。

マイラボと信用情報機関は関係がないとのこと。

法定利率5%???

法定利率は2020年4月に民法が改正され、5%から3%になったはず。

メールの文面はまだ5%のままだった。

私も本業で法定利率を扱うので、これには違和感を覚えた。

法律の専門家が監修しているとは思えない内容だと感じる。

消費者心理を利用した脅しメールだった

相談員Mさん
相談員Mさん
こうやって心配にさせて支払ってもらおうというメールだと思われます。
脅しですね。
特に何もしなくていいかと思います。
返信してもいいですが・・・ 面倒なのでやめておきましょうか。

たしかに。言い返すと、また4~5通の怒涛返信ラッシュが来そうだ。

 

相手が法的手段を取るか

この脅しメールを放置していて何か不都合は生じる可能性はないか。

相談員Mさん
相談員Mさん
相手の最終手段は、未払い金の支払いを求める訴訟を起こすことですね。

マイラボ側が本気で金額を回収しにくる場合、法的手段つまり訴訟を起こすという方法があるらしい。

相談員Mさん
相談員Mさん
もし、裁判所から特定記録の郵便が届きましたらまたご連絡ください。
以前に、契約したものは広告と話が違っていたため、契約を取り消すという旨のメールは先方に送っているはずです。
それが証拠になりますので、過去のメールは取っておいてください。

訴訟ということになれば、まず私宛に裁判所から特定記録郵便が届くとのこと。

  • マイラボからの取り立てメールは、消費者心理を利用した脅しメールである
  • 債権回収センターや信用情報機関への登録は、実態がないデマである可能性が高い
  • マイラボから訴訟を起こされた場合は対応が必要になる

980円×12回=11,760円をかけて、マイラボが私に訴訟を起こしてくるのだろうか・・・。

POSTED COMMENT

  1. もも より:

    私は今18歳です。私も今ビクビクしながらスマホをみています。
    会社から24時間以内に法的処置を取ると言われてしまいました。
    とても怖いです。

    • ami より:

      本当に法的措置をとるとは思えないのですが、脅し文句が怖いですよね。
      もしご心配でしたら地元の消費生活センターに電話してみると安心かもしれません。
      ないとは思いますが、もし万が一に法的措置を取られて対応に困った場合には法テラスという無料の相談窓口もあります。
      何事もなく終わることを祈ります!

  2. もも より:

    ちなみにamiさんはどんな脅し文句をいわれましたか?24時間以内にとかって言われてないですか?

    • ami より:

      法的措置に移ります。現在訴状準備中です。という文言はありましたが、24時間以内にというのは書いていませんでした。
      人によって違うんでしょうかね?

  3. もも より:

    カード会社に問い合わせて、引き落としをストップしてもらったという事でしょうか?

    • ami より:

      引落としというよりも、請求をブロックという形です。マイラボからの請求があったときにはカード会社側で弾かれるようになっています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です