ブロガーコラム

片頭痛が最も辛い季節はいつなのか?

季節の変わり目は片頭痛の発作が多くて辛い・・・

雨の日は片頭痛が辛い・・・

暑い日は片頭痛が辛い・・・

おぬし、じゃあいつなら辛くないのか。

 

わたし
わたし
かれこれ片頭痛歴15年以上の私が、一番片頭痛が辛い季節がいつなのか、逆にましな季節はいつなのか、考えてみたよ

気候の話が結構出るけど、私は東京在住なので関東の人の話だと捉えてほしい。

 

季節ごとに見る片頭痛の傾向

1月

真冬でとても寒い時期。平均湿度が最も低い時期。

寒さ乾燥も片頭痛持ちにはつらい要素のひとつ。

乾燥すると目や鼻が乾いて、そこから片頭痛が誘発されている感じがする。

あとは、寒い屋外から暖かい室内に入ったときは血管が拡張されて片頭痛が起きやすい。

寒さゆえに体をあまり動かさず起こる肩こり首のこりなんかも片頭痛に関連している気がする。

ということで1月は結構辛い季節だ。

 

2月

1月に似ていて、寒さ、乾燥が辛い。

さらに、2月は春一番が吹いたり、大雪が降ったりと、天気の変動が大きいタイミングでもある

天気が変わるというのは気圧配置がうごくということで、片頭痛持ちは気圧の変化に敏感だ。

ということで、2月も結構辛い季節だ。

 

3月

ようやく暖かい日も増えてくる3月。

スギ花粉が飛びまくる月でもある。

花粉症の人は鼻づまりや目のかゆみでも片頭痛が誘発されることがある。

また、春は風が強い。春の嵐が来ると、その気圧変化によって片頭痛もばっちり訪れてくれる。

ということで、3月も結構辛い季節だ。

 

4月

スギ花粉が収まり、ピークはヒノキ花粉へと移っていく。

なのでヒノキ花粉アレルギーだと4月はかなりつらい季節。

3月と同様に春の嵐といえそうな風や雨が強い日が意外と多くて、片頭痛の機会は少なくない。

あとは入学や異動といった環境の変化も片頭痛の要因になっている。

ということで、4月も結構辛い季節だ。

 

5月

だんだんと夏に向けて気温が上がっていく時期。

5月は1年の中で最も寒暖差の大きい月だと言われている。

寒暖差、これは片頭痛の大敵だ。

温度変化によって血管の収縮・拡張が起こり、片頭痛が誘発される。

ということで、5月も結構辛い季節だ。

 

6月

梅雨入り。

もはやいうまでもない。

雨=低気圧は、片頭痛の原因のひとつ。

1年で最も雨が多い季節は、片頭痛に悩まされ続ける。

ということで、6月も結構辛い季節だ。

 

7月

まだまだ梅雨は続く。

そして、梅雨が明けたとしても、待っているのは灼熱の太陽。猛暑も片頭痛の一因となると思う。

直射日光を浴びると片頭痛が起こりやすいという研究結果はないものか?
実体験によるものだが、暑さ紫外線によるダメージ、反射してチカチカ眩しい道路など、どれも片頭痛と関連がある気がしてならない。

ということで、7月も結構辛い季節だ。

 

8月

暑さは終わることを知らない。

まだまだ暑く、夏バテで疲れも濃く出てくる季節でもある。

ということで、8月も結構辛い季節だ。

 

9月

ようやく暑さが少しずつ引いていく時期とはいえ、9月は6月に次いで雨が多い月でもある。

雨が多いと言うことは、低気圧=片頭痛の式が成り立つ時期でもある。

ということで、9月も結構辛い季節だ。

 

10月

台風シーズンのピーク。

台風といえば爆弾低気圧のかたまり。そんなもんが近づいてこようとするもんなら、そりゃ片頭痛は起こる。

ということで、10月も結構辛い季節だ。

 

11月

だんだんと冬が近づいてきて寒い日が増えてくるこの季節。

寒さというのは血管を収縮させ、その跳ね返りで片頭痛が起こりやすい。

日中は暖かくても朝晩はぐっと冷え込む。寒暖差も片頭痛もちには大打撃。

ということで、11月も結構辛い季節だ。

 

12月

どんどん寒くなっていく季節。

そして乾燥も気になりだす。寒さ乾燥は片頭痛もちにはかなりのダメージとなって、頭痛を誘発する。

また、年末で仕事が忙しくなったり、クリスマスとか年賀状やら新年の準備とかで慌ただしくなる。多忙によるストレスによって片頭痛が誘発される。

ということで、12月も結構辛い季節だ。

 

つまり、一年中辛い

片頭痛がつらい季節を考えてみたところ、どの季節も辛いという結論になった。

その中でも特に辛いのは、私の場合は7月12月

7月は梅雨で気圧が低い日が多い一方で、晴れた日には体感40℃超えの猛暑日。

つまり、晴れても雨でも片頭痛が起こりやすい。今週何回目!?というくらいの頻度で頭が痛くなっている気がする。

12月は寒さを強く感じる月。1月2月は外気温自体は12月より低いけどあまり外に出ないことが多いが、12月は忙しさもあってそうはいかない。

寒さと忙しさのダブルパンチで片頭痛もちにはかなり過酷な月だと思う。

 

片頭痛の誘発因子や頻度には個人差がある。

辛い季節というのも人によってそれぞれ違う。

「こういう日は頭痛が起こりやすい」とあらかじめ考えておくことで、迫りくる頭痛発作に早く対応することができる。

頭痛が来そうだな、来始めたな、と感じたら、

  • 早めに薬を飲む
  • 無理せず早く寝る

といった対応で、生活のクオリティは格段に改善するはず!

片頭痛とうまく付き合っていこう。

この記事を書いた人
ami
32歳。東京都出身。東京大学工学部卒業。
化粧品開発の研究職に就きたくて化学を専攻したものの、「研究室生活」が性に合わず断念。 現在は外資系化粧品会社で企画立案職に就いています。

何でも
●科学的根拠重視!
●効率重視!
●コスパ重視!
な性格で、気になったことはとことん調べ尽くすタイプ。
好きなテレビドラマは科捜研の女で、マリコのような美しくて聡明な女性に憧れています。

調べたことや体験したことをブログに書き溜めることで誰かの役に立てたらうれしいです!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です