【賠償】後遺障害から示談まで

【交通事故の示談交渉】弁護士の提示額は500万円超え!後遺障害14級9号

交通事故から約1年半が経った8月上旬、後遺障害申請の異議申立ての結果が届き、14級9号が認定された。

後遺障害を認めてもらえたので、ここからやっと示談交渉のステップへ進む。

わたし
わたし
後遺障害が確定した1週間後、弁護士から「損害額計算書」が届いたよ。

損害総額は500万円超え!

弁護士が計算した損害総額は500万円超え!!

おおお。すごい金額が出てきた。

内訳を見ていこう。

費目 金額  
治療費 796,470円  
通院交通費 124,000円 ギプス固定期間のタクシー代など
休業損害 912,022円  
通院慰謝料 1,250,666円 赤本基準(別表I)
入院なし
通院期間 214日
後遺障害慰謝料 1,100,000円 赤本基準
14級9号
後遺障害逸失利益 828,298円 基礎収入 3,826,300円
喪失率 5%
喪失期間 5年
諸経費 26,360円  
合計 5,037,816円  

 

治療費

796,470円

初診の1月30日から症状固定8月31日までの約7ヶ月間の治療費合計額。

保険会社から病院に直接支払い済みのため、私が受け取れる金額ではない

わたし
わたし
入院治療はなかったんだけど、週3回くらいの高頻度で通院したのもあってかなりの高額だったよ。

通院交通費

124,000円

ギプス固定期間は徒歩での通院は無理だったので、タクシーで通院した。

そのほか、通院のために子どもを預けた保育料や通勤に使ったタクシー代も含まれている。

交通事故後の必要経費はどこまで補償してもらえる?治療費・タクシー代・保育料など交通事故で足の骨折をした。 今後、数ヶ月かけて治療をしていくことになる。 しかし、通院のたびにタクシーを使ったら、かなりの金額に...
わたし
わたし
実費で立て替えていた金額なので、これはもらえるお金というよりも返ってくるお金だね。

休業損害

912,022円

私は通院のために会社を休んだのはたったの9日間だった。

でも、弁護士の判断で、会社員としての休業損害よりも、主婦としての休業損害の方が高額になるため、主婦として計算した結果。

弁護士の計算方法(主婦のケース)

休業損害
= 賃金センサス ÷ 365日 × 通院日数
= 3,826,300円 ÷ 365日 × 87日
= 912,022円

【休業損害の計算方法】会社員より主婦として計算したら3倍になったケース交通事故で怪我をした後、療養や通院のために仕事を休んだ場合、その期間の給与を補償してくれる「休業損害」という制度がある。 休業損害...
わたし
わたし
会社はあまり休んでいないから休業損害は期待していなかったけど、主婦として計算する方法があるなんて知らなかった!!

通院慰謝料

1,250,666円

弁護士基準の通院慰謝料だ。

交通事故に伴う各種賠償金額一覧表交通事故賠償に関わる各種計算方法および算出表のまとめ。 入通院慰謝料 自賠責基準 入通院慰謝料 = 4,200円×(「実通院...
わたし
わたし
任意保険基準だと70万円くらいなのが、弁護士基準だと125万円と大幅にアップ!

 

後遺障害慰謝料

1,100,000円

14級の後遺障害慰謝料弁護士基準の金額。

わたし
わたし
任意保険基準だと32~40万円くらいなのが、なんと3倍にアップ!!

 

後遺障害逸失利益

828,398円

後遺障害の逸失利益は、基本的には前年の年収を用いて計算することが多い。

私の場合はちょっと複雑で、事故の前年は育休で休職期間があり年収が満額ではなかった。

1年間フルで働いたとすると年収はだいたい550万円くらいになる。

しかし!私の場合休業損害を「主婦として」計算したため、逸失利益も同じ「主婦として」計算することになるとのこと。

逸失利益

= 基礎収入3,826,300円(賃金センサス) × 喪失率5% × 喪失期間5年のライプニッツ係数4.3295

= 828,398円

諸経費

26,360円

後遺障害診断書の作成料、画像データの取得費用などが含まれる。

 

請求金額は

5,037,816円の賠償合計額から、過失相殺(私の場合4割)を差し引いた3,022,687円が私が賠償してもらえる金額。

そこから、すでに支払済の治療費を差し引いて、

3,022,687円(過失相殺後の賠償額) – 796,470円(治療費)

= 2,226,217円

が今回請求する金額ということになる。

わたし
わたし
請求すると言っても、この金額をベースに交渉を開始するということ。
示談するためにはお互いに譲歩が必要になるので、この満額が受け取れるということはまずないと、弁護士から説明を受けたよ。

この計算結果を弁護士から保険会社に提示し、交渉を進めてもらうことになった。

 

 

弁護士選びに迷っている方は、弁護士法人ALG&Associatesを強くおすすめします!!

  1. 交通事故案件の実績は6万件以上と豊富
  2. 医学的分野にも精通している
  3. 相談料ゼロ、着手金ゼロ、完全成功報酬制(後払い)で、弁護士費用が持ち出しになる心配なし

無料相談は公式ホームページからメールで簡単にできます。もちろん無料!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です