【賠償】後遺障害から示談まで

【後遺障害異議申立て結果通知】審査にかかった期間は約5ヶ月!非該当から14級9号認定へ

私は交通事故で中足骨を2本骨折し、7ヶ月後に症状固定を迎えたが痛みが残った。

痛みの後遺障害認定を目指して、後遺障害申請を行ったが初回は非該当。

後遺障害申請の結果は非該当!理由と考察10月初旬に後遺障害申請をして、約7週間経った日、申請結果が来たと弁護士事務所から連絡があった。 結果は、まさかの非該当。 、、、撃...

その後、異議申立てをする決意をし、弁護士に命運を託した。

【新たな医証とは】後遺障害非該当から異議申立てを決意した判断基準交通事故で中足骨を骨折してから7ヶ月、痛みが消えないため後遺障害等級14級9号を目指して後遺障害申請をした。 しかし、結果は非該当。 ...

異議申立て書提出から結果通知まで

3月7日頃 書類発送

弁護士から異議申立て書を自賠責宛に発送した。

3月17日頃 同意書の提出を求められる

弁護士から連絡があり、医療照会のための同意書に署名して自賠責保険に送り返すように言われた。

異議申立ての審査過程において医療照会が必要となる場合、新たに同意書を提出する必要があるらしい。

これを出さないと審査が進まないので、即日返送した。

4月24日頃 医療照会実施

自賠責の方から通院先の病院に医療照会が行われた。

5月25日頃 医療照会回答待ち

審査の途中経過として、医療照会の回答待ちと報告を受けた。

通院先からまだ自賠責の方に医療照会に対する回答が届いていない状況だ。

医療照会の実施から1ヶ月。通院先にはそろそろ回答をしてほしいところだけど、回答にかかる期間は病院によって様々らしい。

7月10日頃 審査中

これまでの期間に医療照会の回答があったようで、「現在審査中」という途中経過通知が弁護士の方に届いたらしい。

あとは審査結果を待つのみ。1~2ヶ月ほどで結果が出るだろう。

8月3日 後遺障害14級9号認定!

待ちに待った結果通知が弁護士のもとに届いた。

異議申立ての提出から結果が出るまでにかかった期間は約5ヶ月。

結果は「非該当」から覆り、「後遺障害等級14級9号が認定」された。

わたし
わたし
覆ることは滅多にないと聞いていたので、嬉しくもありかなり驚いた。
でも、異議申立てしてよかった!!

後遺障害認定後の流れ

自賠責から保険金の支払い

等級が確定すると、すぐに自賠責からその等級に応じた保険金が支払われる。

私の場合は、14級なので75万円だ。自賠責の保険金限度額一覧より)

この金額は一旦代理人である弁護士に振り込まれ、その後弁護士が私の口座に入れてくれるという。(認定連絡の2日後の夕方に弁護士から75万円の振込がありました。)

弁護士の示談交渉では後遺障害に対する慰謝料・逸失利益の額はこの75万円を超えてくると思われるが、弁護士は保険会社に「差額」を請求することになる。

 

示談の準備

等級が確定したため、段階は示談交渉へ。

私は弁護士に示談交渉を依頼しているので、まずは弁護士が私の傷害に対する賠償金額を洗い出して計算してくれる。

そして、弁護士が保険会社と交渉し、最終的な示談という流れになる。

わたし
わたし
  1. 後遺障害が認められたこと
  2. 慰謝料等は弁護士基準で交渉ができること

から、示談の金額は大きな金額になりそう!

自分一人ではここまでたどり着けなかったから、担当の弁護士先生とスタッフの方に心から感謝している。

交通事故被害者の方で示談に迷っている方がいたら、ぜひ!弁護士の無料相談を受けることを強くおすすめします!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です