サービス

家にできた蜂の巣を撃退する方法【初夏〜秋は要注意!】

都内の戸建てに住む私。

とある5月上旬のある日、ベランタに出てふと見上げると「蜂の巣」を発見!!

まさか・・・うちに蜂の巣が作られてしまうなんて・・・

まだまだ小さい巣だったので、自分自身で駆除することができたのでその方法を紹介していく。

蜂の巣作りの季節

蜂の種類によっても異なるが、蜂は基本的に冬を越すことはない。

越冬できるのはその年に生まれた女王蜂のみで、他の蜂は寒さで死んでしまうらしい。

春になると女王蜂が活動を始め、巣を作り、働き蜂たちが生まれ巣が大きくなっていくというサイクルだ。

つまり、春から初夏にかけて、3月から5月頃が蜂の巣作り開始シーズンとなり、要注意な季節ということになる。

蜂の巣作りにおける段階

初期

巣の作り始めのときは女王蜂が1匹のみで作業している。

この状態ならわりと危険性も低く駆除ができる。

中期

女王蜂が産んだ卵が孵って、働き蜂もいる状態。

女王蜂と働き蜂が共同で巣を作っていくので巣作りのペースも早くなる。

早めに駆除しよう。状況によっては自分自身で駆除することもできそう。

10匹以上蜂がいる状態だとかなり危なそう・・・

後期

蜂の巣が大きくなり、もはや何匹の働き蜂がいるのかもわからない状態・・・

こうなると素人が駆除作業をするのは非常に危険。

プロに依頼することを念頭に考えよう。

蜂の巣駆除の方法

初期の巣なら駆除は簡単!

初期から中期にかけてなら素人でも駆除が可能なケースが多いそう。

私の家で発見した蜂の巣も、女王蜂が1匹で作業している状態だった。

用意するのは殺虫剤だけ!

 

敵は1匹のみ!

いざ撃退!!!

蜂の巣駆除方法(初期)

  1. 殺虫剤を巣に向かってシューーーーーーーーッと20秒ほどスプレーする
  2. 巣の中にもシューーーーッと追加で10秒ほどスプレーする
  3. 蜂がいないことを確認し、巣をホウキの柄などで落とす
  4. 巣をビニール袋へ入れて密閉し、捨てる

蜂の巣を落としたら、大きさは3cmほど。かなり初期の巣だったのだろう。

中には蜂蜜のようなたまごのようなものがチラッと見えた。

落とした蜂の巣

 

 

女王蜂も殺虫剤で下に落ちたと思ったけど、見当たらなかった。

どこかに飛んでいったのだろうか。

もう我が家は危険だと理解して、二度と巣作りに来ないでほしい・・・

中期以降の巣はプロに頼もう

働き蜂がたくさんいる場合は、殺虫剤をスプレーしても全ての蜂を駆除し切れず、怒った蜂に刺されるということが起きてしまうリスクがある。

そのため、無理は絶対にしないで!!

大きな巣を見つけたら、駆除はプロに頼むのが安心だ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です