【賠償】後遺障害から示談まで

【物損示談】自転車全損と洋服破損!弁償費用はいくらもらえた?過失割合4:6の交通事故

交通事故の際、示談には2種類ある。

体の怪我に対する傷害示談と、物の修理などの物損示談だ。

今回の事故で私は足を骨折した。骨折に伴う損害賠償請求は「傷害示談」の案件となり、骨折が治ったあとに示談となる。

一方、怪我以外では乗っていた自転車が壊れた。また、着ていたコートがやぶれたり靴が壊れたりした。これらの損害は「物損示談」の対象となる。

わたし
わたし
同じ交通事故で発生した被害でも、傷害示談と物損示談は分けて考えられるよ!
一般的には物損示談の方が早いタイミングで解決になるみたい。

物損示談は交通事故から3ヶ月後

事故から3ヶ月ほど経った頃、相手方保険会社から物損示談の打診をされた。

骨折の方はまだまだ治療途中であったが、先に物損示談の方を進めたいと言うことだった。

保険会社
保険会社
お怪我の治療は途中ではありますが、物品の損害について確認させてください。
お乗りになられていた自転車は、修理などされましたでしょうか?
お怪我以外の物の損害に関してお話を進めさせていただければと思っております。

 

物損示談でどんな物の破損が対象になる?

自転車の修理以外に、着ていた洋服等にも被害があったので、それぞれ物損の対象になるか相談した。

対象にしてもらうには、それぞれの物品に対して以下の書類が必要と言われた。

物損示談の際、提出するもの

  • 壊れた物の写真(全体像と破損部分がはっきりとわかるもの)
  • 修理金額がわかる領収書等
  • 修理できない場合、それを購入した日時と価格がわかるもの

私が物損の対象にしてもらった物と被害の内容を見ていこう。

電動自転車

私が乗っていた自転車。

事故の後確認すると、目立った破損はなかったが、自転車屋さんにみてもらうと、もう使わない方がいいと言われた。

自転車屋さん
自転車屋さん
たしかに破損はないんですが・・・
乗ってみると少し右に偏って走行してしまう癖がついていますね。
事故の衝撃で骨格部分がゆがんでしまったんでしょう。
安全性の面ではもう乗らないことをおすすめします。

修理不可能。

その旨を保険会社に伝えると、全損扱いにしてくれるとのことだった。

購入からまだ1年も経っていない電動自転車だったので、減価償却は一切受けず満額を対象としてくれた。

わたし
わたし
壊れたのが同じ10万円の自転車だとしても、最近買ったばかりの自転車の場合と、10年乗り続けた自転車の場合では、損害額がちがうという考え方だ。
使用した年数の分、減価償却を受けて損害額が調整されることがあるんだね。

ダウンコート

転んだ際にコートの裾に擦り傷ができた。

でも、完全に破れたわけではなく、全く着れなくなった状態でもない。

写真だとさらに傷がわかりにくいな。

コートはタトラスの8万円ほどする高額なコートだった。なお、購入から2年経っている。

保険会社
保険会社
傷も目立つものではなく、まだ着れる状態であることを考慮し、損害額は1万円でいかがでしょうか?

と提案され了承。

スニーカー

事故の衝撃で骨折した方と同じ左のスニーカーが破れた。

事故の9ヶ月ほど前にオーダーメイドで40,000円で購入したスニーカーだ。

完全に壊れたとまでは行かないが、傷だらけで見た目的にもう使いたくない見た目になってしまった。

また、購入時の領収証等がなかったので、クレジットカードの明細を遡ってプリントアウトした物を添付した。

保険会社
保険会社
お写真を拝見し、履くことが難しい状態を確認できました。
こちらは購入から1年未満のため、クレジットカードの明細に記載の額を満額とさせていただきます。

手袋

手袋は手をついた際に手のひらの真ん中部分にパックリ直径3cmほど穴が空いてしまった。

こちらはフリマアプリのメルカリで購入したものだったので、領収書やカード明細がなかったので、取引画面のプリントアウトを添付した。

保険会社
保険会社
大きな穴が開いて使用できない状態になっていることを確認しました。こちらも購入から1年未満なので、いただいた明細書に記載の額を満額とさせていただきます。

メルカリの画面のスクショで大丈夫だった!

物損示談の受け取り金額はどうやって計算する?

損害額の計上

まず、物損対象の損害額を合計しよう。

電動自転車 15万円
コート 1万円
スニーカー 4万円
手袋 0.5万円
合計 20.5万円

私の場合、約20.5万円が損害額だ。

実際には端数なども含めて正しく計算すると200,530円だった。

過失相殺

物損示談にあたって、過失割合を決める必要がある。

今回、私は自転車(一時停止の不停止)と乗用車(前方不注意)ということで、私4:相手6という過失割合が提案された。

特に言い訳できる余地もないので、この提案に同意した。

受取額 = 損害額 – 過失相殺

        = 200,530 – 80,212(4割) = 120,318 円

過失割合が4割と結構差っ引かれてしまったが、購入から日が浅い物が多く、電動自転車を買い直すにはありがたい資金がもらえた。

ほとんどの物を新品同様の金額で計上してもらえたことがありがたかった。

振込はいつ?

物損示談の金額が確定して数日以内に振り込まれているのが確認できた。

金額が決まると振込までさほど日数はかからないみたい。

相手方の物損被害は?

事故によって相手方の車にも被害はあっただろうか?

相手も修理等をしていた場合、その費用の一部を請求される場合がある。

わたし
わたし
過失割合が0:10の場合を除いて、物損示談は自分がお金を受け取るだけではなく、相手の物損被害について自分が一部支払う責任があることがあるよ。
私も相手方の乗用車の修理費用を請求されたよ。

【個人賠償責任】被害者だけど相手側の車修理代を請求された話物損の示談に関して、私の壊れた自転車や洋服に対する示談内容は不満のあるものではなかった。 https://stepup-everyda...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です