男女産み分け

【二人目も男の子】ガッカリから前向きになれた4つの理由【性別ショック】

一人目を生んで5年。

不妊治療してやっとの思いで二人目を授かった。

上の子と少し年は離れてしまったけど、念願の第2子に喜んだ。

 

一人目の時は男の子でも女の子でもどっちでもよかった。

生まれたのはやんちゃでおバカで純粋で、とってもかわいい長男だ。

二人目は女の子がよかった。

産み分けに関していろいろ調べた。

でも、不妊気味だったから結局のところ産み分けにこだわってられなくて、2年かけてやっと妊娠できた。

やっとの思いで出来たと思ったら、性別は男の子だったって判明したわけで。

 

女の子が欲しかったけど、男の子だった。

3人目は考えていない。

そんな状況で少し気持ちが落ち込んでいけど、私はもう吹っ切れていて、むしろ男の子でよかった!くらいに思えるようになった。

どんな風にその境遇を受け入れたのか、私の心境の変化を書いていこうと思う。

 

性別判定で「男の子」の結果

エコーで紛れもないシンボルを発見!

性別判明は22週頃の妊婦検診。

性別を聞いたら、すぐさまお股の間にどーーん!とゾウさんの形をしたシンボルを見せられた。

先生に言われるまもなく、

ami
ami
男の子ーー!!!

と叫んでしまった。

 

先生は

医師
医師
はい、そういうことです。

とあっさり(笑)

 

あれだけ綺麗に映ったお股の凸マーク見せられたら確定だよね。

 

いやいや!もしかして見間違いなんてことは・・・あるかな?

 

2回連続男の子判定だったら信じる。次回もう1回聞いてみよう。と心の中で思ってたら、タイミングよく先生が、

医師
医師
20週の胎児ドックのときも男の子って見てたみたいだよ~

とカルテを見ながらダメ押しの一撃。

先生、私の心の中が読めるのか・・・!?

 

エコーをじっくり時間かけて見る胎児ドックで男の子だったんなら、もう確定じゃん。

 

という流れでおなかの子は男の子であることが決定的となった。

 

胎動を感じ、「君はやっぱり男の子だったか・・・」と思いながら病院を出た。

 

本当に女の子が欲しい?

男の子と判明して数日。

希望の性別ではなかった。

2分の1の賭けに負けた。

なんとなく悔しさ、残念さを感じて過ごしていた。

 

 

女の子が欲しかった理由は「エゴ」だった

落ち込んでいてもしょうがないので、少し冷静になって考えよう。

なんで女の子が欲しかったんだっけ?

あらためて、私が女の子が欲しいと思っていた理由を思い出してみた。

 

  • 今は女の子の方が人気!私も女の子育てたい
  • 自分が女だから、女の我が子の顔見てみたい
  • 上の子が男の子だから、両性育てたい

・・・こんな感じ?

 

あと周りから言われるのは、

  • 女の子の方が洋服やベビーグッズがかわいい
  • 大きくなっても仲良くランチやおでかけできる
  • 孫にたくさん会える
  • 老後に世話してもらいやすい

・・・とか?

 

いざ振り返ってみると、「そんな理由かよ」って馬鹿らしく思えてきた。

 

 

今は女の子の方が人気!私も女の子育てたい

人気ってさ、流行?

男女に人気も何もないよね。

ファッションじゃあるまいし。

男か女かの2通りしかないものに対して、人気だとか勝ち負けだとか判断することがナンセンス。

 

 

自分が女だから、女の我が子の顔見てみたい

絶世の美女が言うならわかる。

でも、自分に似た子・・・?

鏡を見て思った、「おまえが言うな」(笑)

女の子は男の子以上に見た目で判断されがち。

私の場合、自分に似た子はそこまでほしくないかもしれない。

 

上の子が男の子だから、両性育てたい

上の子とちがう種類がいい〜♪みたいなノリ。

何のコレクション?

性別コンプリートするなら、もっとほかにコンプリートさせるべきものがある。

上の子と同じ性別だからって同じように育つと思っているのか?

 

 

 

女の子の方が洋服やベビーグッズがかわいい

女の子のグッズってそんなにかわいい・・・?

かわいいと言われるのは、淡いピンクとかムラサキとかの、ひらひら?フリフリ?ついた洋服とかのことなのかな?

私、正直そういうのあんまり趣味じゃないということに気が付いた。

むしろ、私の好みとしては、赤!黄色!原色!ピンクなら桜色よりショッキングピンク!みたいな色の方が好きだし、柄も水玉やハート柄より、チェックとかボーダーが好き。
そういうのって男の子の洋服に多い気がする。

 

 

大きくなっても仲良くランチや買い物、おでかけできる

娘と仲良くなれる保証もないのに。

女の子だと絶対に自分と同じ趣味・感性を持っていて気が合うはずと思っているのか?

ランチや買い物は一人でも行けるし、一人の方がゆっくりじっくり過ごせるから、私は一人で行きたい派だ。

私はランチならおしゃれカフェよりも一人でフラッとラーメン食べに行きたい(笑)

 

孫にたくさん会える

娘が結婚するかどうかも、子どもを欲しがるかどうかもわからないのに、すでに孫プレッシャー?

大きくなったら結婚して、子ども(←ここもまさか女児限定!?)作って、3世代仲良し!ってか?

私は子どもが巣立ったら、自分の時間を謳歌したいな。

子どもには自立してほしいし、ときどき会いに来てくれるくらいで十分かも。

 

老後に世話してもらいやすい

老後の始末はできるだけ自分でしましょう。

子どもに世話かけるのはお葬式くらいにしておきたい。

子どもに介護だとか世話だとかの負担をかけない方が、子どもの幸せのためでは?

アテにされる子どもがかわいそうだ。

 

 

 

こうして一つひとつ女の子が欲しい理由を見ていくと、ばからしくなってきた。

女の子っぽいものが好きだったり、女子会でおしゃべりするのが好きだったりする人を否定するつもりはない。人それぞれ、好きなものはちがうからね。

でも、私は、そういうの好きじゃないんだった。

 

あれ・・・私、なんで女の子がほしかったんだっけ?

 

女の子は可愛い。でも男の子だって可愛いじゃん。

可愛くない我が子なんていない。

私の場合、「女の子が欲しい」と思っていた理由のほとんどは親のエゴだった。

そして、大した理由じゃなくて、周りに流されてるだけだった。

 

むしろ、男の子の方が私には合ってるんじゃ・・・?

 

 

私自身が「待望の女の子」だったけど・・・

実は両親にとっては私自身が「待望の女の子」だった。

私には兄が2人いる。私は第3子で初めての女の子

母はとっても喜んだらしい。

やっぱり、服がかわいいとか、娘と仲良くおでかけしたいとか、そういう理由で女の子が欲しかったんだって。

でも、実際、私は母とそんなに仲がいいわけではない。

だって、うちの母は考えが古くさくて、おしゃべりで、あんまり気が合わないから。

 

「女の子なんだから・・・」の決め付け

私は、小さい頃から母・叔母(母の妹)・祖母(母の母)たちの女軍団に、「女の子なんだから○○しないの!」「女の子だから○○好きでしょ?」と決めつけられることが多かった。

特に従姉(叔母の娘)がおとなしくて顔も可愛くて華奢で女の子らしい子だったから、なおさら比較された。

私は兄がいる影響もあってか、そんなに女の子らしい方ではなかった。

小学生の頃には「女の子だから、amiの将来の夢はお嫁さんかな?」とか言われて、すごく気分が悪かった。

「夢がお嫁さんてなんだよ。私は専業主婦なんかにならん!働くわ!!」って口悪く言い返したのをおぼえている。

その反応も「あらあら。そんなこと言って~」とか否定されて余計にむしゃくしゃ。

 

私は別に男に生まれたかったとか、男になりたいとかまでは思ってなくて、ただ「女だからこう!」って決めつけられるのが嫌だった。

本心ではピンクが好きなのにピンクは絶対選ばなかった。

本当はキティちゃんが好きだけど、けろっぴを選んだ。

母や祖母へのささやかな抵抗だった。

 

おしゃべり大好き・口が軽い

母たちの関係性を間近で見ていて、姉妹や母娘のべったりした関係には違和感をおぼえていた。

だって何でもベラベラ話のネタにして、秘密もプライバシーもあったもんじゃない。

 

秘密を守ってくれない母のエピソード

大学受験のとき、志望校は決まっていたけど模試ではE判定の連続だったから受かる自信はなかった。
どこの大学を受けるかとかは、家族には言うけどあまり周囲の人には言いたくなかった。
だから母にも「どこの大学受けるかは誰にも言わないでね。受からなかったとき悲しいから。」と伝えていた。父も兄も特に何も言わずに見守っていてくれた。
なのに、母だけは、叔母にも祖母にも母の友人たちにも言いふらしていた。

「amiは言わないでって言うんだけどさ、○○大学受けるっていうから心配なのよ~。受かるかどうかわからないけどね~」って電話で話してた。

受験勉強で追い込まれてる私にはものすごくストレスだった。言わないでって言ったのに。余計なプレッシャーかけないでほしかったのに。

結果、第1志望の大学に合格できたからよかった。

受かったときも「あんまり自慢みたいになるからすぐには言いふらさないでね。」と言ったけど、案の定無理だった。
合格発表の当日、あちこちに電話しまくって報告してた。

「amiがね!○○大学合格したの!もう~~びっくりしちゃったよ~~!!」ってハイテンションで。

喜んでくれるのはいいけどさ、私に対して「がんばったね。おめでとう!」って言うよりもまず周囲に言いふらすのが先?

合格の喜びであまり気にはならなかったけど、あとから思い返してモヤモヤした。

 

進路のこと、部活のこと、彼氏のこと・・・何でもかんでも叔母や祖母に話してしまう。

姉妹や母娘の関係って、そんなに何もかもおしゃべりするのか。

ちゃんと秘密を守ってくれて私の知られたくない気持ちに寄り添ってくれる母だったら、もっといろんなこと話したと思う。

でも母に言うとべらべらと言いふらされてネタにされるから、思春期以降は少し心の距離を取るようになった。

悪意があるわけじゃないんだろうな。母は誰かに話すとすっきりするし、母自身の気持ちを誰かに共有したいだけなんだと思う。

 

センスが合わない

母とは根本的にセンスが合わない。

洋服も、インテリアも、色の趣味も、全然違う。

母娘で受け継ぐはずだった振袖

成人を迎えたとき、振袖とかには全く興味がなかった私。
だけど、一応節目だし振袖着て一応写真だけ撮っておくかという気持ちになった。
すると母が自分が成人の時に来た振袖を出してきて、私に着るように言ってきた。

その実物を見た途端の私「・・・・え、やだ。ダサッ。むりむり。」

お世辞にもかわいくなくて、「こんなん着るくらいなら写真なんか撮らんー!」って大げんか。

だって本当の本当にダサかったんだもん。

結局、母の振袖は着ないで、写真のときは叔母の振袖を借りて着た(笑)

叔母のもまぁまぁダサかったけど、母の程じゃなかったから。

今思えば、どうせ振袖なんて興味ないんだし、ダサいことは気にしないで母の振袖着てあげればよかった。母には悪いことした。

でもね、今見ても超絶ダサいと思うんだよ・・・。

母とは根本的にセンスが合わない。

 

そんなこんなを経て、私も社会人になり、結婚し、子どもを産んだ。

家を出てからはそんなにしょっちゅう実家には帰らないし、出産のときも里帰りはしなかった。

何週間も母親と一緒にいたらイライラしそうだったから。

 

かなり母を悪く言っているけど、母は悪い人ではない。決して嫌いではない。好きでもないけどw

優しいし、頼めばいろいろサポートしてくれるし、愛情もいっぱいかけてもらった。

ただ、私とは考え方やセンスが合わない。

気が合わないだけ。

 

 

価値観が合うのは稀

私の場合はちょっと極端なケースかもしれないけど、親子でも価値観がぴったり合うことって稀なんじゃないかな。

成長していく過程で意見が合わない場面はきっと出てくるし、親から「女の子だから」みたいな圧があったら子どもは生きにくい。

 

だからもし女の子を授かれても、親としては娘が自分の理想どおりに育つという期待を持つよりも、子どもの気持ちに寄り添う努力の方が大事だと思う。

そういう親だったら、理想的な関係になれそうだし、それには男女はあまり関係ないように思う。

 

 

「男の子でよかった」と思えた4つの理由

いろいろと考えていたら、性別なんてちっぽけな問題なのかもと思えてきた。

① 性別よりも「個性」

女の子は育てやすい。とか、「女の子は〇〇だからいい」という話。

よく言われることだから、多少はそういう傾向はあるんだろう。

 

でも、「男だから・女だから」って価値観を押し付けるのではなくて、その子一人ひとりの個性の部分をもっと見てあげたい。

子どもからしたら、親の価値観なんて知ったこっちゃない。

ましてや、「男の子で残念だね。女の子がよかったね。」と本気で思っているような考えの親なんて、子どもがかわいそうすぎる。

 

親の価値観でがんじがらめにして育つ子は私のようにひねくれる可能性大!

うちの母親にとって私はものすごく育てにくい娘だっただろう(笑)

 

女の子希望!と思ってたけど、娘が自分の理想どおりの女の子に育つ保証はどこにもなく、子どもの立場からしたら親の理想を押し付けられたくないはず。

親として、のびのびと子どもの個性を伸ばしてあげられるような育て方をしたいと気付いた時には、性別なんてどっちだっていいんだなと思えるようになった。

 

 

② 性別よりも「人間性」

ふと、皇室の例も思い出した。

日本国内で最も性別に対するプレッシャーをかけられた女性は、まぎれもなく皇后陛下雅子さまだろう。

愛子内親王殿下御誕生につき(平成14年) 宮内庁ホームページより

宮内庁のホームページで、愛子さまがお生まれになった時の雅子さまのお言葉を読んだ。

雅子さまの周囲には、女の子だったという結果にがっかりした関係者はきっといたはず。

でも、雅子さまが会見で涙をこらえながら発されたのは「生まれてきてくれてありがとうという気持ちです。」という言葉だった。

この言葉に心を打たれた。

雅子さまご自身は、愛子さまが女の子だったことに対して負の感情は一切持っていないということ。

なんて素敵なお母さんなんだろう。

 

20年経ち、愛子さまは立派に成長された。成年会見も素晴らしかった。

尊敬できる日本の象徴として立派に成長された。

 

 

皇室のこと、国民はよく見ている。

誰と比べるわけじゃなく、「男だからいい」「女だからだめ」ということはない。

結局はその人物の人格だったり生き方だったり、内面的な部分が重要視されるんだということ。

 

ましてや、自由に生きられる一般人である私たちが性別にこだわる必要あるだろうか。

希望の性別を生むことよりも、豊かな人間性の子を育てることの方が立派なことなんじゃないかな。

 

 

③ 周囲の声は「世間話」

男の子だとわかってから、周囲の反応は様々だった。

予想どおり、嫌味な反応もあった。

あー。まぁ男の子も可愛いよね

「まぁ」とか「も」って何!?

次こそ女の子だね!もうひとりがんばれ!

は?二人目もまだ生まれてないっすけど。

女の子の方がよかったってか?

 

一方で、ニュートラルだったりポジティブな反応もあった。

〇〇(長男)くんに似た子だったら超絶かわいいね!

神対応!

へ〜。名前とか決めました?

うん、そうか、名前考えないと。

 

いろんな反応があるなぁ。

でも、気付いた。

みんな、そんなに深く考えて発言してない

 

まだ生後数ヶ月の長男を連れて歩いてたとき、道端で会ったおばあさんにも言われた。
「次は女の子産まないとね!」って。
そのときは次なんて考えてなかったし、気にも留めてなかったけど、それを言われたのがもし不妊治療中だったり、2人目の性別が男の子と判明した直後だったりしたら、イラッとしてしまったかも。
でもおばあさんの発言は悪意があったわけじゃなくて、単に世間話のつもりだったんだと思う。
ほとんどの人が本当に「男はダメ!」なんて思っているわけではない。
大半は「今日はいい天気ですね」くらいの軽い挨拶くらいな感覚なんだろうな。

 

だから、基本的に周囲の声は聞き流すがベスト。

自分が言われて嫌なら、心のシャッターを降ろして関わらないこと

 

マウント取ってくる人なんていたら、もう疎遠にしてしまえばいいよね。

 

 

④ 男の子兄弟ならではの良さ

男の子兄弟もいいものだと思う。

だって、福山雅治だってイチローだって男の子2人兄弟の次男だ。

スノボの平野歩夢選手は男3人兄弟だし、KAT-TUNの亀梨くんなんて男4人兄弟らしい。

うちの息子はヒカキン・セイキン兄弟が大好きで、弟ができることを楽しみにしている。

男の子兄弟、すごい人いっぱいいる!!とモチベーションになる。

 

最近は暇さえあればインスタで可愛い男の子ベビーのアカウントをフォローしたり、メルカリで男の子のベビー服を眺めている。

インスタの赤ちゃんみたいに顔が可愛い子が生まれるかはわかんないけど(笑)

いろいろ写真を見ていると、男の子の赤ちゃんを産む実感が湧いてきて、ますます楽しみになった。

 

そして、今となっては、「男の子の方がよかった!」とまで思えるようになった。

【産み分け失敗したけど】男の子育児はメリットがいっぱい! そう思っていたのは私です。 今は世間では女の子の方が人気ですよね。 「女の子授かれなくて残念だね。」「男の子だけなんて、将来さび...

 

 

うん、女の子は欲しかったよ。

でも、もし私が希望どおり女の子を授かっていたら、性別よりも大切なことに気がつけなかったかもしれない。

「私は男女両方産めたのよ〜」なんてドヤ顔しちゃってたかもしれない。

 

子どものためにも、そんな大人にならなくてよかった。

 

我が子は性別関係なくかわいい。

可愛い我が子たち、ママのお腹に来てくれてありがとう。

 

いつか、絶対にこう思う日が来る。

この子を産んで、本当によかった、って。

 

今しかない妊娠期間を、めいっぱい楽しもう!!

 

 

出産準備はAmazon派?楽天派?

登録するだけでギフトボックスや割引クーポンがもらえる!

Amazonなららくらくベビー、楽天ならRakutenママ割というサービスがあります!

出産予定日を登録するだけ。登録料や会費はなく、無料!!

ami
ami
私はオムツやミルクなどの消耗品はAmazon、洋服やおもちゃは楽天で買うことが多いから両方登録しているよ!

よく使う方を登録しておくとお得に出産準備ができます!

↓登録はこちらから↓

 

 

産前産後を乗り越えるために

妊娠中も産後もママの体には負担がいっぱい。

パパや家族と協力しながらがんばるけど、便利なサービスも活用して無理なく過ごそう!

おすすめ度
ミールキットで楽ちんゴハン

YOSHIKEI(ヨシケイ)家事の中でも負担が大きい料理。
授乳中は栄養にも気をつけなきゃいけないし・・・。

初回限定で5日間1食300円から試せるプランがあるよ!

留守でも受け取れて20分で2品作れるメニューは、普段料理をしない男性にもおすすめ!

ami
ami
ミールキットなら、献立作りも栄養バランスもお任せ!買い物の手間も省けて、作るだけ!

 

 

おすすめ度
オーダーメイドの家事代行

ベアーズ家事代行掃除機がけ、窓拭き、トイレ掃除、洗濯、アイロンがけ・・・ありとあらゆる家事をお任せできちゃう!

疲れた時は無理しないで。家事代行に頼って、体と心を休めよう。

ami
ami
私はベアーズで作り置き料理をお願いしたよ!
家にあるもので8品も作ってくれました!

 

おすすめ度
いざという時のベビーシッター

【miraxsミラクスシッター】赤ちゃんが生まれたあと、急用ができたり息抜きがしたくなったり・・・

そんな時の選択肢としてベビーシッターがあります!

行政の託児サービスは定員がいっぱいで利用しにくいこともあるので、いざという時に備えて資料請求だけでもおすすめ!

*東京都のベビーシッター利用支援事業や、文京区・新宿区・渋谷区・世田谷区・杉並区・台東区などの子育て支援事業の対象になる場合があります。詳しくは行政のホームページでご確認ください。

この記事を書いた人
ami
33歳。東京都出身。東京大学工学部卒業。
化粧品開発の研究職に就きたくて化学を専攻したものの、「研究室生活」が性に合わず断念。 現在は外資系化粧品会社で企画立案職に就いています。

何でも
●科学的根拠重視!
●効率重視!
●コスパ重視!
な性格で、気になったことはとことん調べ尽くすタイプ。
好きなテレビドラマは科捜研の女で、マリコのような美しくて聡明な女性に憧れています。

調べたことや体験したことをブログに書き溜めることで誰かの役に立てたらうれしいです!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。