労災

【障害給付】自賠責先行だけど並行して労災に後遺障害の申請をした

私は通勤途中の事故で骨折して、後遺障害が残っているので労災の障害給付の対象になりそうだということを知った。

認定されるかどうかはわからないが、認定されればまとまった額の給付が受けられるのでこれは申請しない手はない!

ということで、翌日会社の労務担当者に連絡をしてみた。

会社に相談

わたし
わたし
いつもお世話になっております。
今年の1月、通勤中交通事故に遭い、骨折をしました。
怪我の治療は保険会社にお世話になり、終了しましたが、現在痛み等の後遺障害が残っております。
保険会社の方に後遺障害申請をしている最中ですが、本件が労災の障害給付の対象になるかと考えております。
つきましては、申請にあたりサポートをお願いできますでしょうか。
社労士
社労士
承知いたしました。
相手方の任意保険では、後遺障害については保険会社に申請中とのことで、そちらの示談が済み次第給付申請に入らせて頂きます。
わたし
わたし
保険会社とのやりとりはまだ時間がかかりそうです。
というのも、一旦非該当の通知が届き、弁護士の助言でこれから異議申立てをする予定です。
異議申立ての結果が出て示談まで完了するには、あと半年はかかるかと思います。
それからの申請となると、事故から2年近くが経過してしまいます。
個人的な感情ではありますが、できるだけ早めに申請だけでも済ませたいのですが、難しいのでしょうか?

とお願いしてみると、労基署に確認してくれた。

社労士
社労士
任意保険の結果を待たなければ労災の申請はできないという法律の定めはおそらくないかと存じます。そのため、労災に申請ができないとは言い切れません。
ただ管轄の労基署に確認をしたところ、実務的には異議申し立てをするのであれば、その結果を待たずに労災申請を行っても差し支えないが
任意保険の結果を待ってから労災の結果を出すとのことでした。
そのため、この度先に労災申請を行った場合、結果が出るのはだいぶ時間を要することが予想されます。
それでもよろしければ、労災申請にあたり必要書類のご案内をさせて頂きます。
わたし
わたし
結果が出るのに時間がかかる旨は承知の上、申請だけ先にできればありがたいです。
ありがとうございます!

労災の申請は、基本的には自賠責の結果を待ってから行うものらしい。

だけど、絶対にそうじゃなきゃだめという決まりはない。

私の場合、素直に示談が終わるのを待ってもよかったんだけど、労災の方も並行して進めてもらうようにお願いした。

理由は2つある。

労災を早く申請したい理由

面倒な作業を先に済ませたい

事故に関する作業をできるだけ早く終わりたかった。

示談終わるまでっていつになるかわからないし。

事故の記憶が薄れた頃に、またあの辛かったことを思い出して書類に書くのが嫌だった。

病院に診断書を書いてもらうのも、今さら?と思われそうだったし。

少し早く給付を受け取れる

示談が終わってから書類を集め始めるよりも、申請だけ先にしていた方が結果が早い。

書類集めに1ヵ月、面談まで1ヵ月、審査に2ヵ月で合計4ヵ月かかるとして、せめて書類集めだけでも先に終わらせられればと思っていた。

実際、労災を自賠責に並行して申請することで、並行して面談、審査のステップに進めてもらうことができた。

労災の審査結果は、自賠責の結果が出て示談が終わらないと通知してもらえないらしいけど。

示談が終わってから、労災の申請準備を始めていたら、4ヵ月も給付が遅れていたということ。

早めに申請できてよかったと思っている。

弁護士へ連絡

担当弁護士に労災に申請することを伝えたら、以下のことを伝えられた。

  • 弁護士は任意保険と自賠責の方しかサポートできないので、労災の方は自分で全てすることになる(実際は会社の社労士がサポートしてくれた)
  • 今回は「自賠責の結果が出るまで労災の結果は出ない」ということで、それを自賠責先行という。弁護士の方は自賠責先行というつもりで保険会社との示談を進めることは変わらない。
  • 万が一労災の結果が先に出てしまう「労災先行」になると、自賠責の方で支給調整が必要になり、必要書類が増えてしまう。そうなった際はすぐに連絡がほしい。

ということで、全て了承。

ここから労災の障害給付申請に書類集めを始めることになるが、労災の申請書類が多すぎてまじで驚いた。

https://stepup-everyday.com/?p=1314

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です