労災

【労災の後遺障害認定日】障害給付認定のための面談に行ってきた

労基署に申請書類を提出してから約3週間。

自宅に労基署から「面談」の日程通知が届いた。

「貴殿の身体障害の等級を認定しますから、下記の日時に来署して下さい。」と書いてある。
なんか日本語の表現が独特。想像だけど、この一文、昭和の頃から変わっていないんだろうなぁ。そんなわけないか?

日程変更は原則不可ということで、会社を早退して面談へ!

この面談の日のことを「認定日」という。

等級の認定をする日という意味だ。

認定日だけど、認定されたかどうかの結果はこの日にはわからない。この日の面談内容を持って、審査が始まるのだ。

面談の受付

私は10分前の13時50分頃に労基署に到着し、全体の中で3番目に受付をした。

当日、同じ日時の枠で召集されたであろう人たちが6人ほどいた。

受付は担当の方が出てきて、今回の申請内容の簡単な確認をされ、レントゲンデータの入ったCD-Rを提出する。

その後、14時になると受付した順に面談室に呼ばれて面談を受ける。

その間は控え室のような部屋で待機している。

面談の内容

私の番になり、面談室に呼ばれた。

部屋は診察室のような雰囲気で、左手に医師がPCを前に座っていて、右手には簡易ベッドが置いてあった。

奥に労基署の担当者2名が書類とペンを持って立っていた。

医師は労災の後遺障害等級認定に関しては経験の多い嘱託医なのだろう。

医師はおじいさん系ベテラン先生だった。

問診

まずは問診から。

医師
医師
こんにちは。
レントゲン写真、見ましたよ。骨はくっついたようだけど、痛みがあるの?
わたし
わたし
はい。痛みがまだあります。
医師
医師
どんな風に?常に痛いの? 
わたし
わたし
常にというか、体重がかかると痛いんです。
医師
医師
体重がかかるっていうことは立っていると痛い?
わたし
わたし
はい。
医師
医師
ほかの動作はどう?歩いたり走ったりはできる?
わたし
わたし
痛いのを我慢すればできます。
医師
医師
我慢ということは、痛みはあるんだね。
じゃあ仕事への影響はどう?普段はどんなお仕事をしている?
わたし
わたし
普段はデスクワークが多いですが、たまに外回りもあります。
ハイヒールが履けなくなったのも仕事の面で困っています。
医師
医師
なるほどね。
基本は内勤だけど、たまに外勤もあるということね。
うん、わかりました。

問診はこんな感じの会話をして終了。

可動域制限の測定

可動域を測る作業に移る。主治医が書いた診断書にも可動域の数値があるがそれは審査には使わないらしい。

この日に嘱託医が測った数値が使われる。

医師
医師
じゃああとは可動域の制限があるようなので測定しましょうかね。靴下を脱いでそこのベッドに寝てくれる?

ベッドに横たわる。

ついに来た、可動域の測定。

医師
医師
左の方が腫れぼったいねぇ。

腫れについても気付いてくれる。

準備ができると左(骨折した方)から可動域の測定を始める。

医師
医師
ボシIP・・65!いや、70!ボシMTP・・・80!

ボシ=母趾(親指) ジシ=示趾(人差し指)というらしい。

さすがはベテラン先生。どんどん測定を進めていく。

測定は他動値のみ。つまり他人に動かしてもらった時の値。自動値は測定しなかった。

結構力を込めて曲げられるから痛い。

痛い!と抵抗したところで相手はその道のベテランだからあんまり容赦してくれなさそうな気がしたので、されるがままに耐えていた。痛い時は指にも力が入ってたと思う。

すぐに左が終わり右の測定へ。

先生、早いよ。
早すぎて労基署の職員さんがメモ取るの間に合ってないよ(笑)

早すぎてどの関節が何度だったかサッパリ覚えていない。

左の関節が右の関節の50%以下になっていたかも全然わからない。うっすらとした記憶ではなっていなかったと思う。だって結構しっかり曲げてくれちゃうからさ。

足指の用廃での等級認定はなさそう。まぁこれは想定内なのでよし。

醜状障害の確認

診断書に色素沈着も書かれていたので、それも確認する時間があった。

医師
医師
あとは、色素沈着があるんだっけ?両足、並べて見せてくれる?

先生が私の左足を強めにさする。

医師
医師
これは色素沈着というよりも、血行不良による黒ずみだねぇ。
わたし
わたし
血行がよくなったら色もよくなりますか?
医師
医師
うーん。どうかなぁ。
それは時間が経ってみないと何とも言えないねぇ。

と曖昧な回答。なんだ、治らないのか・・・

労基署職員
労基署職員
足の写真撮らせていただきます。

労基署の方が両足の写真をデジカメで数枚撮った。

医師
医師
はい、じゃあこれで以上です。
これ、レントゲンデータお返ししますね。
お疲れ様でした。

とCD-Rを渡された。

これで面談は終了。

労基署職員からの説明

廊下に出ると、労基署の方も出てきて今後のことを説明してくれる。

労基署職員
労基署職員
通常、この後審査に1~2ヵ月かかり、結果を通知する流れになります。
ですが、ami様の場合、自賠責の方がまだ結果が出ていないということなのでそちらが出てから、ということになりますね。
わたし
わたし
自賠責の結果が出たら、私からこちらに連絡した方がいいですか?
労基署職員
労基署職員
いえ。それは不要です。私共の方で把握できるようになっております。
わたし
わたし
非該当だった場合も通知は自賠責の後ですか?
労基署職員
労基署職員
非該当だった場合は自賠責との調整が不要なので、1~2ヵ月で非該当の旨通知が行くことになります。
わたし
わたし
じゃあ1~2ヵ月待って非該当の通知がなかったら等級が付いたと思っていいですか?
労基署職員
労基署職員
それは・・・
あくまでも目安ですので確約はできません。
わたし
わたし
そうですよね。
ありがとうございました。
労基署職員
労基署職員
はい、ありがとうございました。
お大事になさってください。

これで終了。帰宅。

嘱託医の先生も、労基署の担当者の方も、もっと厳格な雰囲気で怖い人かと思っていたけど、どなたも物腰柔らかく親切な方だった!!

結果が出るまで

あとは結果が出るまでひたすら待つのみ。

なお、3月に面談をして、現在は7月。

今のところ非該当の通知は来ていないので、等級が付いたと思いたい・・・。

でもコロナの影響で遅れてる可能性もあるしな。ぬか喜びしないようにしよう。

自賠責の後遺障害異議申立ても、労災の障害給付申請も結果待ちの段階となった。

あとは結果を待つだけで私は何もしなくていいという状況が、少し事故から解放されたような気分になる。

もちろん後遺障害を負って辛いことも多かったけど、幸いにして軽度の痛みで済んだし、ほぼ元通りの日常を送れている。

労災の面談を終えて自宅に戻る途中、今回の件でいろいろな経験ができたなと振り返っていた。

結果が出た際にはまた内容をアップします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です